SNSボタンをまとめて設置できるaddthisを導入してみた。

仕事でSNSボタンの一括設置について調べたところ、addthisのサービスがデザイン、カスタマイズ性ともに良かったのでここでも設置しようと思った。

今回本サイトに導入したのは「AddThis Sharing Buttons」です。

続きを読む SNSボタンをまとめて設置できるaddthisを導入してみた。

最近アクセス数が異常に下がっていたので調べてみたら…

Googleタグマネージャーのコードが消えていた。

なんでだろうと思ったが、思い当たることがひとつ。
テーマの更新である。
自分はテーマの編集から直接編集してペーストしているのでテーマ更新時に消えてしまったのでは?と推測。
これからテーマ更新時には気をつけたいと思います。

これでアクセスが正しい数値になるはず。
これでアクセスが伸びなかったら…
まぁいいかw

Jetpackの自動投稿内容が長すぎるので調べてみた。

Jetpackを導入してみたところ、自動で投稿される文字数が長すぎるという問題点が。
解決策が無いわけない!ということで調べてみた。

続きを読む Jetpackの自動投稿内容が長すぎるので調べてみた。

SNSと連携させるためJetpackを導入してみた。

ブログに投稿するたびにTwitter、Google+、Facebookへリンクの追加を行ってきましたが、面倒くさいのでプラグイン「Jetpack」を追加してみました。

続きを読む SNSと連携させるためJetpackを導入してみた。

GoogleAdSenseがやっと表示した

長かった…。

申し込みをしてすぐさま1次審査は通ったものの、コードを設置してからの2次審査が通るまでに掛かった日数。
実に

11日

その間、あれだこれだと色々やってみるもののウンともスンとも言わず空白のブロックを表示し続けたAdSense。
いったい何が正解だったのか。
それともなにもしないでこれくらいの日数が掛かるものなのか。

あれやこれやとやったこと

続きを読む GoogleAdSenseがやっと表示した

ひとまずWordPressへ

移行しました。
移行した際の手順などは後ほど。

概要

今回のリニューアルは

  1. Movable TypeからWordPressへの移行。
  2. トップページを静的htmlからWordPressを使用した動的なものに変更。
    (現状は基本テンプレートのままなので、独自デザインを作成し反映させる予定)
  3. Movable Type構築時のパーマリンクなどは捨ててWordPressにて再設定。

となります。

総ページ数、アクセスの少ないページだから悩まずできると言った感じ。
結構なアクセスがある場合は被リンクのこととか考えなきゃならないのでこんなことできませんね。

続きを読む ひとまずWordPressへ

【解決編】WinSCP 5.7.2 のウィンドウ背景色設定方法

なにやらWinSCP 5.7.2 のウィンドウ背景色設定方法で設定した色が保存できない・・・。
なんてこったと思って開いたコンテキストメニューの上から3番目に「セッションをサイトとして保存」があったのでやってみると見事に保存!
何とかなったけど、なんか使い勝手の悪い設定方法だな。と思っていたら設定の中に・・・

続きを読む 【解決編】WinSCP 5.7.2 のウィンドウ背景色設定方法

WinSCP 5.7.2 のウィンドウ背景色設定方法

勉強のため、サイトをリニューアルしようと奮闘中。
家でWebを触るのが久しいこともあって、仕事場と違う環境だとどうしても作業がもたつく感じに。

ひとまずFTPツールからとWinSCPを導入。ひと通りの設定を行ったあとにウィンドウの背景色を変更し用途するも少し古いバージョンにあった右下の「色」がない!
さてはて困ったとGoogle先生に聞いてみても、求める答えがかえってこない。

いろいろ触りまくっていたら偶然見つけましたよ!もっと簡単に設定できるかもしれないがひとまずこれで安心。

WinSCP画面
WinSCP 背景色変更箇所

続きを読む WinSCP 5.7.2 のウィンドウ背景色設定方法

GoogleAnalytics コード設置

改めてGoogleAnalyticsのコードを再設置してみたが……。
わかりにくい。

とりあえずメモ。

初期ページから

  1. + 新しいプロファイルを追加
  2. 追加されたプロファイルの右側にある「設定」
  3. プロファイル設定左カラム右上の「ステータスの情報」
  4. コードがひっそりと出てくる。

Magpieを導入してみる

常々から思っていた「MTの新着情報をTopPegeに表示させる」を決行してみる。

一通りGoogle先生に教えを乞う。
Magpieなるものが便利で簡単とnJOY BLOG様のサイトにRSSを埋め込んで表示させる方法を見てわかる。

早速、記事に従いながら導入。簡単に表示!
ありがたや~。
しかしこの時点だと記事のタイトルは出ても作成日などの情報が表示しない。
しかもRSSの件数分だけ出てしまうのでなんとか自分で指定した量の記事数を表示させたい。
ここからがHYPER四苦八苦。
PHPさっぱりな俺にはハードル高い高いw

とりあえず色々なサイト様を参照した上での自分流の導入方法

1・必要なもの
  ・magpierss-0.72 >MagpieRSSのタブ「download」から入手
  ・下に書いてある「読み込ませるためのphpファイル」

2・設置方法
  2-1
  下記ソースをコピーしてテキストエディタなどでphpファイルとして保存。
  名前は適当に分かりやすいもので。(例:rss.php)
  2-2
  MTなどのRSSを吐き出す機能がRSS2.0の場合はRSS0.1で吐き出すように
  設定しておく。MT4.1の場合はこの記事の続きを開き
  「■時間の表示っていうか注意点だねもうorz」
  を参照。
  2-3
  magpierss-0.72を解凍。自分の場合はrootにアップ。

public_html
  ├index.html(トップページ)
  └任意のディレクトリ名
     ├rss.php(自分で作る。下記のソースをコピーしたphp)
     ├rss_cache.inc
     ├rss_fetch.inc
     ├rss_parse.inc
     ├rss_utils.inc
     ├extlib
     │ └Snoopy.class.inc
     └ cache(このディレクトリは自分で作る)

  2-4
  cacheディレクトリのパーミッションを707または777に変更する。
  2-5
  rss.php に直接アクセスして動作確認。
  動作していればこんな感じで表示される。
  2-6
  RSSを埋め込みたいページにSSIで以下の記述を追加

    <--#include file="rss.phpのアドレス" -->

3・完成こんな感じになります。
TopPage
rdfファイル

読み込ませるためのphpファイル

<?php
define('MAGPIE_CACHE_AGE','900');//cacheを残す時間
define('MAGPIE_CACHE_DIR', './cache');//Cache(キャッシュ)用のディレクトリ
require_once 'rss_fetch.incの場所';
$count = 表示させたいタイトル数;
$url = 'RSSのアドレス';
$rss = fetch_rss($url);
array_splice($rss->items, $count);
$title = $rss->channel['title'];
$title = mb_convert_encoding($title, "SJIS", "auto");
$link = $rss->channel['link'];
print "<p><a href=\"${link}\">$title</a></p>\n";
print "<dl>\n";
foreach ($rss->items as $item ) {
$title = $item['title'];
$title = mb_convert_encoding($title, "SJIS", "auto");
$url = $item['link'];
$itemday = date('Y/n/j',strtotime(substr($item['dc']['date'],0,10)));
$youbi = array(0 => '(日)', 1 => '(月)', 2 => '(火)', 3 => '(水)', 4 => '(木)', 5 => '(金)', 6 => '(土)');
$mday = date('w',strtotime(substr($item['dc']['date'],0,10)));
$itemtime = date('G:i',strtotime(substr($item['dc']['date'],11,8)));
print "<div class=\"part\"><dt>${itemday} $youbi[$mday] ${itemtime}</dt><dd><a href=\"$url\">$title</a></dd></div>\n";
}
print "</dl>\n"
?>

長くなるので紆余曲折解説は続きから

続きを読む Magpieを導入してみる